40代のバツイチ子持ちが、婚活を成功させて幸せになる方法

子連れ再婚 40代のバツイチ子持ち婚活

自分は40代でバツイチ子持ち。婚活したいけど、こんな自分でも本当に再婚できるの?

そんな不安を抱いている40代のバツイチ子持ちの皆さまに向けて、このページでは40代のバツイチ子持ちの方々の再婚の現状や、再婚して幸せになるための方法についてご紹介致します。

 

40代バツイチの再婚の現状とは?

統計データ

ではまず、40代バツイチの方々の再婚率を数字でチェックしてみましょう。

5年以内再婚率
 引用:人口動態統計特殊報告「婚姻に関する統計」の概況(厚生労働省/平成28年度)

上の表は、バツイチとなった後、5年以内に再婚した方たちの割合を、各年代ごとに示したものです。

こちらの表を見ると、40~44歳で毎年19%前後、また45~49歳で毎年17%前後の方たちが、離婚後5年以内に再婚していることがわかります。つまり、40代のバツイチにして再婚する方々が、「25人に4~5人はいる」という計算になるのです。

いかがでしょう?40代のバツイチにして再婚する方々の数は、皆さんが思っていた以上に多いと思いませんか?

 

40代・バツイチ・子持ちで再婚に成功する人の特徴

特徴

一般的に言って、「バツイチ・子持ち」というと、それだけで「再婚は難しい」と考えられがちなものですよね?しかも、それが40代ともなると、中には「自分は本当に再婚できるのだろうか?」と不安になる方々もいらっしゃるかと思います。

とはいえ、先にご紹介した表からもわかるとおり、40代にして再婚する方々は、世の中には大勢いらっしゃるというのが事実です。

では、その中でも、「バツイチ子持ちにして再婚できる40代の人」とは、どのような人たちなのでしょうか?

以下では、その具体的な特徴について見ていきましょう。

40代・バツイチ・子持ちであることを卑下しない

シングルマザー

「40代のバツイチ・子持ちにして、幸せな再婚ができる人」の特徴として、まず第一に挙げられるのは、「自分の現状を卑下しない」ということです。

「どうせ自分はバツイチだから……」、「自分はもう40代だし……」、「しかも、自分は子持ちだし……」などなど……。気持ちの上では再婚を望んでいるにもかかわらず、自分を卑下してしまうことで婚活に前向きになれなかったり、知らず知らずのうちに、積極的な出会いを求めることに歯止めをかけてしまう方々がいます。

でも、考えてみてください。そうは言っても、「自分が”40代”の”バツイチ”にして、”子持ちである”」ということは、動かしがたい事実なのです。ですから、幸せな再婚を目指すなら、まずはその事実をきちんと「前向きに」受け入れることから始めましょう。

そもそも再婚をするにあたって、自分が「40代のバツイチ・子持ちである」という事実を、新たに人生のパートナーとなる”お相手”に隠し通すことは不可能です。

また逆に、そういう自分自身をありのままに受け入れ、生涯のパートナーとして選んでくれる”お相手”と再婚することこそが、「本当の幸せを掴む」ということに結びつくはずです。

また一方で、男性にしても女性にしても、40代であるからこそ余計に、「40代でバツイチであること」よりもむしろ、「40代にして一度も結婚歴のない人」に不安を抱く人も多くいます。

さらには、40代のバツイチ男性が持つ「包容力」求める女性や、40代のバツイチ女性の「忍耐強さ」や現実をしっかりと見極めることのできる「冷静さ」などを好ましく思う男性がいるのも事実です。

今や婚姻カップルのうち3組に1組が離婚するという、バツイチが決してめずらしくはない時代です。ですから、バツイチをネガティブにとらえることなく、将来のパートナー候補である”お相手”に、きちんと前向きに伝えましょう。

過去は過去として、その反省点を胸に、再婚に対して抱いている前向きな思いなどを真摯に話してみると良いのではないでしょうか?

「一緒にいて、気持ちが明るくなれる人」や「この人と一緒にいたら、常に前向きに居られそう」と思われたらベスト!です。だって、そういう人って、スゴく魅力的ですよね?

そういう人になれたら、きっと自然とお相手の方から「この人と一緒にいたい!」と再婚を切望される人になれるはずです。

ぜひとも、ポジティブ・シンキングでいきましょう。

 

40代・バツイチ・子持ちの婚活は、「自然体」&「真摯な姿勢」がコツ!

コツ

先にも触れた通り、40代・バツイチ・子持ちの方が婚活を成功させるには、「自分の現状を決して卑下することなく、前向きでいること」が何よりも大切です。そして、前向きになるためには、「発想の転換をする」ということもまた大切。

例えば「自分は子持ちだし……」と考えるのではなく、「自分には子どもがいたからこそ、これまで仕事を頑張ってくることができた」とか、「自分には、今まで一人でも、しっかりと子どもを育ててきたという自負がある」など、子どもがいるからこその人生の素晴らしさや、子育てを一人で頑張ってきた自分に注目してみてはいかがでしょうか?

実際、あなた自身や”お相手”、あるいは自分にも”お相手”にもにお子さんがいる場合、再婚をするにあたって乗り越えなければならないことが多いのは事実です。

でも、だからといって子持ちであることが必ずしもマイナス要素ばかりかといえば、そんなことは決してありません。むしろ、そのお子さんが、再婚を真剣に考えるあなたと”お相手”の大きな味方になってくれたり、再婚に向けてお二人の背中を押してくれる”キューピッド”になってくれる場合だってあるのです。

自分自身が40代・バツイチ・子持ちの場合

真摯

誰よりも子どもを優先。交際相手にもそれを理解してもらえるように心がける
「40代・バツイチ・子持ち」の婚活を成功させて幸せな再婚をした方々に、どのような過程を経て再婚したのかをお聞きすると、皆さん決まって、

  1. 子どもに自分の”交際相手”の存在をきちんと話した
  2. 子どもを交えて”交際相手”と会ったり、出かけたりすることを心がけた
  3. 交際相手がいても、子どもが一番大切であることを子どもに伝える努力をした

という答えが返ってきます。またこれは、性別に関わらず共通する答えでもあるのです。

それというのも、40代のバツイチ・子持ちである婚活者の皆さまが幸せになるためには、そのお子さんと共に幸せになってこそ、本当の意味での幸せを掴んだと言えるから。

つまり、40代のバツイチ婚活者であるあなたご自身だけでなく、あなたのお子さんと共に揃って幸せになることこそが、本当の意味での「再婚の成功」と言えるからなのです。

ですから、たとえ交際相手のことがどんなに好きでも、お子さんをないがしろにするようなことは決してしないこと。いつ何時でも、常にお子さんを第一に考えて、お子さんと真摯に向き合うことを心がけましょう。

また、「真摯でいるということ」は、交際している”お相手”に対しても言えることです。”お相手”との将来を真剣に考えているからこそ、「子どもの気持ちを尊重しつつ、”お相手”と子どもとの距離を縮めていくことが大切」と考えていることを、”お相手”にもきちんと伝えてみてはいかがでしょうか?

その上で、あなたの気持ちをきちんと受け止め、あなただけでなく、あなたのお子さんのことも大切に考えてくれる”お相手”だと見極められれば、その先には、その”お相手”との幸せな将来が期待できるはずですよね?

お子さんにしたところで、どれほど幼くても、ママやパパの幸せを心から望んでいるものです。なぜならそれは、ママやパパの幸せが自分自身の幸せにつながることを、本能的に知っているからなのです。

つまり、自分にもよくしてくれる”お相手”との再婚が、自分のパパやママの幸せであると感じれば、お子さん自身も、きっとあなたの再婚を応援してくれるはず。

そのためにも、常に子どもを優先しつつ、”お相手”に対しても真摯に向き合うこと。そして、慌てず丁寧に時間をかけて、子どもと”お相手”との仲を深めていけるように心がけることが、40代・バツイチ・子持ちであるあなた自身の、幸せな再婚につながるポイントとなるのです。

交際相手も子持ちの方の場合

子連れ再婚

”交際相手”の子どもの立場に立って考える

交際相手も子持ちの方の場合、”お相手”のお子さんの「年齢」や「性別」によって、注意すべきポイントは少しずつ変わってきます。ただし、「”お相手”のお子さんの気持ちを尊重しつつ、真剣に向き合うべき」という点では、自分自身の子どもに対して真摯に向き合うことと、何ら変わりはありません。

例えば、”お相手”のお子さんが思春期の年齢である場合、「難しい年齢だから……」と腫れ物に触るような扱いばかりしていては、そのお子さんとの距離を縮めることはできません。

そんな時は、

  1. ”お相手”のお子さんが、何に興味を持っているのか(趣味etc.)を知る努力をする
  2. 興味のあることを知ったら、それを調べて学び、会話の糸口を掴む
  3. お子さんにとって興味のある場所に、お子さんを交えて”お相手”と一緒に出かけるようにする

などを心がけてみてはいかがでしょうか?

ただし、大人としての上から目線ではなく、お子さんが興味を持っていることを「一緒にやってみる」など、お子さんに寄り添い、彼らとの時間を少しでも多く共有できるように努力しましょう。

ただし、お子さんに好かれたいがために、媚びへつらうような態度を取ったり、顔色を伺うようなことはむしろ逆効果になりかねません。

実の親である交際相手の方としっかりと話し合いながら、自分が自然体でできることとできないことをきちんとすみ分けてから、時間をかけて少しずつ距離を縮めていくようにしましょう。

なお、この場合、焦りは禁物です。何よりもお子さんも交えて、皆んなで幸せになってこそ、40代・バツイチ・子持ち婚活の本当の意味での成功と言えるのです。

あくまでもお子さんの立場に立って、「一緒に楽しむ」というスタンスを心がけるとよいのではないでしょうか?

 

40代・バツイチ・子持ちが婚活を成功させるための方法

真摯な愛

では具体的に、「40代・バツイチ・子持ちが、婚活を成功させる」ためには、どのような方法があるのでしょうか?

40代・バツイチ・子持ちに有利な婚活ツールをうまく活用する

例えば、自分に合う”お相手”を探す場合、身近な知人や友人に、「誰かいい人がいたら、教えてほしい」など、口コミでの紹介をお願いするのも一つの方法です。

とはいえ、婚活ブームの今、「従来の結婚相談所」のほか、「オンライン結婚相談所」・「婚活サイト」・「マッチングアプリ」・「婚活パーティー」など、世の中にはさまざまな婚活ツールが存在しています。

しかも、今やそれぞれの婚活ツールの中には、「40代」という年代や、「バツイチ」・「子持ち」といった条件を持つ方々にとって、有利に利用できる婚活サイトや婚活ツールも数多くあるのです。

ですから、そういった婚活ツールをうまく活用して婚活に取り組むことこそが、視野も広がり、全国規模という広い範囲からの”お相手探し”ができるため、自ずと出会いのチャンスも高くなるはず。

選択肢が広がれば、当然、あなたと本当の意味で相性の良い”お相手”と巡り合える可能性もアップするはずですから、効率的な40代・バツイチ・子持ち婚活に取り組むことができるに違いありませんよね。

なお、バツイチ婚活者におすすめの婚活方法については、以下のページをご参照ください。

バツイチ婚活におすすめの方法とは?
婚活ブームと言われる今、婚活をする方たちの中に「バツイチ婚活者」が少なくないのは、結婚したカップルのうち、3組に1組が離婚しているという背景があるためです。 そもそも、「3組に1組」という数字は、以下の人口動態調査(平成29年)のデー...

また、バツイチ婚活者に有利な「婚活ツール」のみを確認したい場合には、こちらのページが便利です。

あるいは、「バツイチ・子持ち」といった条件を持つ方々が、より有利に活用できる婚活ツールをお知りになりたい方は、こちらも便利です。

 

40代・バツイチ・子持ちの再婚についてのまとめ

このページでは、40代・バツイチ・子持ちの皆さまが、幸せな再婚をする方法について見てきました。

結論として、ここまで読んでいただいた皆さまには、今や40代・バツイチ・子持ちの再婚は、決してめずらしいことでもなければ、想像するほど難しいことでもないことがおわかりいただけたかと思います。

先にも触れた通り、40代・バツイチ・子持ちの方々が婚活を成功させる一番のコツは、「40代・バツイチ・子持ち」という条件を決してネガティブに捉えることなく、むしろ前向きに捉えること。

また、お子さんのことを最優先で考え、”お相手”と(”お相手”のお子さんと)自分と自分の子どもの全員が、共に幸せになれる再婚をすることが大切です。

広い視野と範囲で良い”お相手”と巡り合えるチャンスを広げ、効率よく婚活を進めるためには、自分の性格や生活スタイルに合った婚活方法を活用することも大切です。

婚活に前向きに取り組むためにも、「婚活を楽しむ」というくらいな意識を持って行うといいですね。

40代・バツイチ・子持ちの皆さまが、素敵なパートナーを見つけて再婚をし、お子さんと共に幸せになられることを心より応援しています。

タイトルとURLをコピーしました